日本文化大学の模擬法廷


日本文化大学は法学部のみの単科大学です。
授業を通じて法律に関する知識を習得しています。
また、キャンパス内には模擬法廷があるのが特長です。
この模擬法廷は裁判官や裁判員が一列に並ぶ裁判官席や、
傍聴席を完備しています。
裁判官3名と裁判員6名の席を備えた
本物の法廷のような法廷教室となっています。
日本文化大学ではリアルな法の学びを実現出来ます。
この模擬法廷はテレビドラマの収録にも役立っています。

日本文化大学ではオープンキャンパスや市民講座などで、
模擬法廷を利用して模擬裁判を行っています。
学生が裁判官や弁護士、検事、被告などの役割をこなす
模擬裁判の様子をリアルに再現しています。

日本文化大学で行われる模擬裁判は、
与えられた資料をもとに学生らが尋問内容を考え、訴訟を進めていきます。
検察や弁護を担当する学生たちは、
OBの協力の下で夜遅くまで準備をしています。
そうして模擬裁判当日を迎え、模擬裁判を行います。
模擬裁判では、裁判に参加した学生や傍聴した学生も
裁判に対する理解を深めることが出来ます。
貴重な体験が出来ると模擬裁判は評判です。

法律を学ぶ上で、裁判は重要です。
裁判に対する理解を深めるには、
座学だけでなく自分たちで体験することが大事です。
それが出来るのが日本文化大学の模擬法廷での模擬裁判なのです。
日本文化大学のカリキュラムは法律の知識を習得するだけに留まらず、
実践することでより知識を深めます。
裁判官や弁護士、検察などの役割や傍聴席で聞くことで
より裁判に対する理解を深めることが出来ます。