日本文化大学の多種多様なゼミの数々


日本文化大学の特色のひとつに、
毎年必ずどこかのゼミに所属することが挙げられます。
一般的な大学、特に理系でしたら、
3年次からゼミに所属することが多いです。
文系でしたら、そもそもゼミに入らないこともあります。
しかし、日本文化大学は法学部でありながら、
1年次からゼミが必修になります。

日本文化大学の1、2年次は基礎ゼミに所属します。
ここで基礎的なことを学び、3、4年次に専門ゼミに入ります。
専門ゼミはそれぞれ10名程度の少人数制なので、
教員と生徒がとても近い距離にあります。
ディスカッションを重ねて、学生同士意見を交わして、
問題の本質を討論していきます。

日本文化大学には様々なゼミがあります。
環境政策から刑事法、商法、文科景観まで、
多種多様なテーマを話し合っています。
それぞれが本格的で実践的なことを話し合い、
実際の事件をモデルにして討論することもあります。
研究することも重要ですが、特に大事にしているのが、
コミュニケーション能力です。

相手の話を聞くことだけでなく、
自分の意見を相手に納得させることが、特に重要なのです。
弁護士や検事には、この能力は必須だと言えます。
そうした専門職でなくても、
他者と交渉することは様々な状況で発生するので、
学生の内から議論を重ねて、
「話し力」を鍛えることができれば、
色々な場面で役立てることができるのです。

日本文化大学の多種多様なゼミが気になる方は、
ホームページからチェックしてみてください。